告別式に見る葬儀での喪主の思い

変わりつつある葬儀のあり方を、死者に対する供養から見てみると形にとらわれないそれぞれの価値観がありました。

告別式に見る葬儀での喪主の思い

供養のかたちに見る葬儀のあり方

現在の葬儀のあり方は、従来の形式にとらわれないまったく違った物になってきています。
葬儀というと、悲しみにくれている親族の気持ちなどはどこへやら、準備や段取りなどで忙しく、とてもゆっくりなどはしていられません。それまでの当たり前のようにしていた日常がぷっつりと途切れてしまうのです。

嘆き、悲しみ、亡くなった人を傷む気持ちはいろいろですが、例えば病気療養中で亡くなった場合だとすると、それまでに相当な看病で疲れきっている中での葬儀だと思います。
また大切な人を突然亡くした場合だとすると、葬儀などという儀式的な事をするまでにどれほどの気持ちの整理をしなければならないかという事です。
そして、亡くなった人を何よりもだれよりも供養したいのは親族なのではないでしょうか。

だから最近は、葬儀をしない人が多いのも納得できる話なのです。
通夜や葬儀などで大金を遣い、お悔やみに来ていただいた人に気を遣い、自分たち親族が本当に故人を思い悲しんでいる暇などないのです。
通夜や葬儀をせず、直接火葬場で弔ったり、散骨したり、ネックレスなどに遺骨を入れて肌身離さず持ち歩いたり、故人に対する供養の気持ちをいろいろな形で表すようになってきました。
大切なのは、大切なその人が亡くなった事を受け入れ、立ち直る事なのです。
結局は、こう言ってしまえば身も蓋もありませんが、亡くなった人に対する気持ちは人それぞれに表したい形で表すのが一番の供養ではないかと思います。

人気の葬儀について、このホムペが手軽で便利です♪