告別式に見る葬儀での喪主の思い

葬儀屋で警備をしていたとき厳しいマナーが多く供養に来た遺族のへの言葉遣いは勿論、昼食にもマナーはあった。

告別式に見る葬儀での喪主の思い

葬儀屋で警備のバイトをして供養に来た遺族への厳しいマナー

まだわたしが大学生だった頃に葬儀屋さんのちゅうしゃじょうでけいびのあるばいとをしていたことがあります。
警備といっても座っているだけの警備ではなく、自動車を誘導するたぐいの仕事です。
私はあまり声が大きい方ではなくやる前からなんとなく自分には向いていなさそうなバイトだなと感じていました。
ただ、実際やってみると自動車に乗っている方はまどをあけてくれたりしてそこまでおおきくこえをはらなくてもよかったりしてそういうところは有難かったです。

しかし、やはり他の駐車場警備と違うところはそこは死者を供養する場所であり、あまり不謹慎な言葉遣いや行動は取れないということです。

例えば、毎日勤務につく前にそこの社員の方から使ってはいけない言葉の話があり、それを遺族の前で言ってしまうと最悪仕事をやめさせられてしまいます。
当然服装も他の警備より若干厳しいです。
制服は支給されたものですが、シャツを出していたり袖をまくったりしたらすぐに社員の方に注意されてしまいます。
やはり、厳かな場所ではマナーや決まり事も相当に厳しいんだなと痛感させられます。
それと、昼食に関してですが、私が勤めていたところで面白かったのは基本的には肉が入った食べ物は食べてはいけないといったものでした。
これを聞いた時には驚いたのですが、特殊な場所である以上そういうものなのかなと思いました。
ただ、これに関しては社員の方でも厳密に守っている方はあまりいないようで、そこまで神経質にならなくていいと会ってもらえました。

人気の葬儀について、このホムペが手軽で便利です♪