告別式に見る葬儀での喪主の思い

葬儀や供養は宗教的概念から生まれたものだが、墓は古代において権力誇示の目的で使われた部分が大きいです

告別式に見る葬儀での喪主の思い

葬儀と供養は、宗教的概念と権力誇示に繋がります

死者が埋葬されるという文化が始まったのは、日本では随分昔からのことですが、使者に対する供養という概念が生まれたのは、かなり宗教的な概念が人々の間に広まってからのことです。
ちなみに日本に土着している宗教は、もともとは神道と言われていますが、聖徳太子が摂政だった頃くらいに仏教が入り、そのころくらいにはかなり葬儀や供養という概念も固まったのではないかと思われます。

葬儀や供養の仕方は、世界各国で多少の違いはあるとはいえ、死者に対する追悼や、畏敬の念を表すということは、おおよそ共通しているようです。
中には使者を丁重に扱わないような野蛮で未発達な文化を持った部族も居るようですが、それなりに文化の発達していた国では共通しているようです。

また、国が持っている思想や宗教などによって、魂と言った概念がある地域は、死者に対する供養というものは基本的に丁重に行います。
これは世界に沢山例がありますが、王族の墓というものはどれだけ豪華に作るかということに王たちが命をかけてきたという根拠が世界に散らばっています。
例えば日本では様々な古墳がありますし、中国でも始皇帝が巨大な墓を作ったと言われています。
エジプトにはピラミッドがあります。
それぞれ、お墓の中に、装飾品や刀剣、時には供の者まで一緒に埋められることもありました。
死後の世界に対しての概念は各国違いがありましたが、王たちは自分の墓の大きさによって、自分の権威を誇示したい欲求を持っていたのだと思われます。

人気の葬儀について、このホムペが手軽で便利です♪