売りたいマンションで選んだ査定と高く売るために努力した方法

最初に行ったことは不用品の片付け

20年近く住んでいたマンションを売ることを決めた | 最初に行ったことは不用品の片付け | 約3週間という短い期間で売却に成功

その結果として2社は1,300万円の提示、この時点で100万円の上乗せとなりましたが、最後の1社は1450万円の提示でした。
大体の範囲というものを知ることができたので、最初の不動産会社の査定額でも標準的なのでは?と感じることもありました。
それでもインターネットの一括査定サイトを利用した結果として1,450万円の価値が付けられることになったので、250万円分が上乗せされた計算です。
私は十分に納得できたので、後に契約を結びできるだけ早期に売ることができるように努力をしたこともあります。
まず、住みながらの売却になったので、空室にすることができません。
私もマンションで生活をしながら日取りを決めて購入希望者の内見を受け付けることが必要だったので、最初に行ったことは不用品の片付けです。
長く住んでいたので、それだけ物で溢れている状態でした。
とても綺麗とは言えない状態だったので、不用品を全て片付けしたのですが、その際には売れるのでは?と感じる不用品も沢山あったことから、近隣で営業をしているリサイクルショップを利用しました。
このお店は出張買取というものを行っているので、週末に時間を合わせて自宅まで来てもらった経験があります。
家電製品とスポーツ用品、ブランド品を含むファッションアイテム、一部の家具類なども買取られることになり、その金額は6万円です。
買取り不可とされた物は全て地元のルールに従って廃棄処分にして、室内をかなり片付けすることができたものです。